メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

九寮溪生態園区

紹介

「九寮溪自然生態園区」は大同鄉崙埤村にあります。日本統治時代、台湾では樟脳が盛んに栽培され、宜蘭には多くの樟脳寮が設置されました。それらは番号で呼ばれており、ここは第九樟脳寮であったため、「九寮溪」と呼ばれているのです。

九寮溪生態園区

その昔この辺りは台湾先住民族、タイヤル族のテリトリーでした。かつてタイヤル族の狩人が、渓流の水が岩石の上に流れ落ちる音を、Ga-baと表現したため、九寮溪には戈霸溪と言う別名があります。
九寮溪生態園区
早くから生態の保護に注意を払ってきたため、「九寮溪生態園区」では本来の自然がよく守られています。
 

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県大同郷崙埤村林家巷
営業時間
年中無休

テーマ

  • 風景区
  • 屋外で自然に親しむ
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

交通情報

関連写真

Top