メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

昭応宮

紹介

「昭応宮」は現在、宜蘭で唯一の国家三級史跡です。清代嘉慶年間に創建された昭応宮は当時は噶瑪蘭庁の中心にあり、200年余りにわたって、宜蘭の民にとっての信仰と団結の中心であり続けています。また、台湾で唯一、山に向かって立っている媽祖廟という特色もあります。   

昭応宮
「昭応宮」の主神は媽祖で、海に生活の糧を求める人々を加護するため、建立時には海に面していました。けれども風水師が、「昭応宮」が西に向かえばこの地の文運を変えられると占ったため、清代道光年間に三殿式の廟に建て替えられ、その際に方位も変えたということです。後に本当に何人もの文人が科挙の試験に受かったと伝わります。

長い歴史を有する「昭応宮」は創建以来、何度も修復を重ねてきましたが、廟の区画、木彫、石彫は依然として道光年間の建立当時の風格を保っています。龍柱、石獅、梁の細かな彫工はすこぶる特徴的で、廟内では道光年間から残る匾額も見られ、当地でいかに重んじられていたかがわかります。
  
昭応宮
廟中には媽祖の他、清代に宜蘭を開発した三大功臣である楊廷理、翟淦、陳蒸が祀られており、親しみを込めて「三大老」と呼ばれています。歷史や廟文化に興味があるなら、ぜひ「昭応宮」をお訪ねください。心の平安が得られるとともに、宜蘭を深く知ることができるでしょう。
 

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県宜蘭市中山路三段106号
電話
03-9353536
営業時間
年中無休

テーマ

  • 歷史と人文
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

4.0 8 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 1 普通
  4. 5 良い
  5. 2 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 2 ファミリー
  2. 1 カップル・恋人
  3. 4 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 0 友達
  • taro2015

    台湾

    旅行者のタイプ:

    カップル・夫婦

    春節に訪れました

    4 2019-02

    航海の女神、媽祖が祀られているお寺。春節に訪れたらとても人が多く、奥でお粥などがふるまわれていて、私達もご相伴にあずかりました。とても美味しかったです。春節のお供えもされていて、いつもとちょっと違う雰囲気が見れて良かったです。
  • yihsinL14

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    Zhaoying Palace

    4 2018-07

    清明時代の嘉興時代に建てられた宜蘭の三つの歴史的遺跡を訪れ、主要な「明英宮」。 清朝の広西チワン族自治の祖国であるヤン・ティンリ(Yang Tingli)は、台湾の知事を務めた。 台南の人々「渇き」不慣れであってはならないが、それは内接4名のいずれかを持つ都市であるプラーク[]秦明パトロール福建省、台湾、澎湖の地方裁判官のタイトルは、兵士たちは、学校のガバナンス渇きを準備し、アドミラルズ---」本当の男は、ムーキングブックを吸っ"" 台南市永福路にある "豫園廟"の門にまだぶら下がっている巨大な夫。 宜蘭市[趙]べき宮殿(つまり、寺院)「渇き」は宜蘭の礼拝に苦しむ人々は、木材などがあります。 台南市の「トータルパレス」には、まだ香を持つ「ヤンティンリ」の長寿があります。 宜蘭[肇慶宮]は、清朝の嘉興時代に「楊清陵」によって建てられた天安宮である。 天安門時代には、台湾で「林秀元事件」が発生した。天界協会のリーダーである林秀元(Lin Shuangwen)は、彰化を攻撃し、台湾の支配者を殺害した。だけでなく、鹿港のすぐ外、台南の「渇き」に住んでいると、すぐに台南、諸羅に加えて、力で街を守るために人々に呼びかけ、台湾はほぼ完全に「林双-WEN」秋です。 乾隆皇帝は海側の上に「陝西省と甘粛省知事--- Fukang'an偉大な一般的な」レートの軍隊を送っまで、「渇き」は、寿孤立都市を強制するために人々を動員するために反乱鎮圧しました
  • nanmandabu

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    媽祖廟

    4 2018-02

    海の女神様である媽祖が御神体のお宮さんでした。春節のときに訪れたので、参拝者がいろいろな伝統的作法でお参りしていくのを見学することができました。
  • livesportsman

    佐倉市, 千葉県

    旅行者のタイプ:

    家族

    精巧な装飾が見ごたえあり

    4 2017-11

    宜蘭の中心市街地にあって、近くには市場などもあって比較的賑やかな場所にあります。海の人の守り神である媽祖を祀っている廟で建物の屋根の上の装飾や軒下、柱の装飾など精巧に施されていて、見応えがあります。立ち寄る価値ありの廟です。
  • Tomonori A

    座間市, 神奈川県

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    宜蘭駅からは徒歩で約10分くらい歩いたところにあります

    4 2015-01

    宜蘭駅からは徒歩で約10分くらい歩いたところにあります。宜蘭市内では大きな寺院のひとつだと思ております。赤を基調とした内装、壁もとっても素晴らしかったほうだと思っております。

1-8 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は宜蘭県ビジネス・観光部とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

関連写真

Top