メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

仁山植物園

紹介

「仁山植物園」の前身は「中山苗圃」で、かつては造林用の苗木育成が主な目的でした。園内には日本式、フランス式、中国式等異なるスタイルの庭園が作られ、宜蘭市内から遠くないため、交通も便利です。

仁山植物園
園内は車両の乗り入れが禁止されていますので、徒歩で散策してください。ここでは虫や鳥の鳴き声が盛んに聞こえます。また、林間を飛び回るタイワンザルの姿がいたるところで見られ、ゴシキドリも澄んださえずりを響かせています。ここでは、心の底からリラックスできるでしょう。樹林の懐に抱かれ、大自然が放つフィトンチッドを深呼吸しましょう。

さらに歩みを進めると、往時の樟脳寮と木炭窯が現れます。かつて「台湾三宝」の一つに数えられた樟脳油。その樟脳油作りは中山村の重要産業でしたが、現在では歴史を伝える場所となっています。「仁山登山遊歩道」は蘭陽平原を眺めるにはベストルートです。天気が良ければ、最高地点から亀山島が遠望でき、遮るもののない無限の光景は、山登りの疲れを一瞬にして消してくれるでしょう。

仁山植物園
「仁山植物園」は自然の生態が豊富で、新寮瀑布に近く、途中には農村、ビジターセンター、花庭園等もあります。ハイキングの楽しさだけでなく、農産物や鉢植えを買い求める楽しさもあり、充実した一日が過ごせるでしょう。
 

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県冬山郷新寮路500號
電話
03-9585991
営業時間
8:00-17:00

テーマ

  • 自然と生態
  • 屋外で自然に親しむ

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

関連写真

Top