メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

宜蘭文学館

紹介

「宜蘭文学館」は「宜蘭設治紀念館」に隣接し、宜蘭市内に設置されています。日本式建築の様式を色濃く残す「宜蘭文学館」。その前身は旧農校の校長官舎でした。後に何度もの改修を経ましたが、原状回復の工事を行い、まずは「宜蘭音楽館」となり、次に蘭陽文学を多くの人に知ってもらおうと、「宜蘭文学館」に生まれ変わりました。

宜蘭文学館
「宜蘭文学館」では、もともとの日本式庁舍も残していますが、空間が小さいため、引き戸を用いて小部屋を作り出し、見学者が選択できるようにしています。また、外部に運営を委託し、かつての主任秘書公館は飲食スペースとなっています。見学者は、レトロで落ち着いた雰囲気の中、静かにお茶を楽しみ、ゆったりとくつろぐことができます。

宜蘭文学館
ここではかつて有名俳優、金城武のテレビCMが撮影されました。そのため、今では多くのファンが聖地巡礼に訪れ、「宜蘭文学館」は人気の撮影スポットになっています。

宜蘭文学館
ここに足を踏み入れると、誰もが心の落ち着きを感じるでしょう。静謐な雰囲気の中、蘭陽作家の文学作品をじっくり味わい、本の世界に入り込むことができます。
 

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県宜蘭市舊城南路縣府二巷19號
電話
03-9324349
公式サイト
公式サイト
営業時間
09:00-17:00,週一公休
料金/入場券
免費參觀

テーマ

  • ローカルホール

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

関連写真

Top