メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

清水地熱公園

紹介

台7丙を上り長埤湖を過ぎると、白く湯気を上げる場所が前方に見えてきます。ここが清水地熱で、さらに前進すると「清水地熱公園」に到着です。

清水地熱公園
「清水地熱公園」は清水村南側の清水溪谷中にあります。豊富な地熱を擁するため、ここから湧く温泉は温度が95度にも達します。泉質はアルカリ性で無色透明です。最近は温泉だけでなく、ピクニックの目的地としても注目を集めています。

「清水地熱公園」はもとは中油(台湾の石油元売会社)作業所の地熱広場で、1981年に台湾初の地熱発電所が設置されました。現在は「清水地熱公園」内に、3ヶ所の「食物調理湯」、2ヶ所の足湯、休息区、販売部等が設置されています。

清水地熱公園
19号地熱井の湯が使われている「食物調理湯」では、熱水で食物を調理することができます。調理時間をうまくコントロールすれば、温泉卵も簡単。ぜひチャレンジしてください。お腹がいっぱいになったら、のんびり足湯を楽しみましょう。足湯も19号地熱井の湯が使われています。都会の喧騒を離れて大自然の恵みを受け、充実した休日を満喫できるでしょう。
 

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県大同郷三星路八段501巷139号
電話
03-9894500
営業時間
09:00-17:00

テーマ

  • 屋外で自然に親しむ

サービス施設

  • ケータリング
  • 公共のトイレが

交通情報

関連写真

Top