メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

頂寮生態公園

紹介

蘇澳新城溪の河口北岸に位置し、園内には東屋、バードウォッチング亭、遊歩道、フィッシングエリア等レジャー施設があります。また、広い湿地を有するため生態資源が豊富で、ベニバト、アマサギ、タイワンショウドウツバメ、クロエリヒタキ、コガモ、アオサギ等多くの渡り鳥が暮らしています。さらにここは、宜蘭浜海自転車道溪南セクションの終点にも当たるため、サイクリングを終えると同時に水鳥の楽園でバードウオッチングを楽しむことができます。そばにあるガジュマル公園では、巨大なガジュマルの根が絡まる珍しい様子が見られます。
 
園内は平面の環湖遊歩道と高地にある見晴台、生態桟道に分かれており、上の方にはトーチカの遺構もあります。地形は、古い時代に形成された海岸から離れた砂丘で、移動することがない「固定砂丘」に分類され、センダン、オオハマボウ等喬木が生い茂っています。見晴台からは生態池や湿地が俯瞰でき、バードウォッチングにも散策にも格好の場所です。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県蘇澳鎮頂寮
料金/入場券
無料

テーマ

  • 自然と生態

交通情報

関連写真

Top