メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

蘇澳冷泉公園

紹介

冷泉が形成されるには、大きく2つの要素が必要となります。1つは豊富な地下水、もう1つは二酸化炭素を大量に発生する岩石層です。蘇澳の豊富な雨量と、厚くてしっかりとした石灰岩層、そして板岩から溶け出す微量なミネラルによって、蘇澳には独特の冷泉が形成されています。
1928 年、この泉水が飲用可能な冷水であることが日本軍によって偶然発見され、蘇澳の冷泉に対する研究と運用が開始されました。泉質は炭酸泉に属し、泉温は摂氏約21 度。水質は透き通っていて透明で、飲むことも泳ぐこともできます。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県蘇澳鎮宜蘭県蘇澳鎮冷泉路6-4 号
営業時間
9:00-21:00

テーマ

  • 自然と生態
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

サービス施設

  • ショッピング
  • 公共のトイレが
  • 駐車場
  • サービスカウンター
  • バス停
  • AED

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

4.0 173 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 2 とても悪い
  2. 12 悪い
  3. 32 普通
  4. 65 良い
  5. 62 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 38 ファミリー
  2. 37 カップル・恋人
  3. 22 一人
  4. 2 出張・ビジネス
  5. 40 友達
  • Freedom809070

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    2019年4月工事中だが近くの小規模の公衆冷泉は無料で入れる

    4 2019-04

    工事中であることを知らずに行きました. 建物はほぼ完成しているようですが,まだしばらく完成には時間がかかりそうです. 歩いて5分くらいの近くの小規模の公衆冷泉は無料で入れました. 硫黄の香りのする冷たい水は不思議な感覚になりました. 近くの広々した公園を散歩して帰りました.
  • TakaI17

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    なくなってた

    3 2018-09

    改装ではなく完全建て直しのようです。 近くの金華冷泉で入るか、今回行ってませんが公衆冷泉はやってると思います。
  • CNXLOVER

    チェンマイ, タイ

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    2018年7月6日現在、冷泉公園は改修工事中

    3 2018-07

    25年ぶりに訪れたが冷泉公園は改修工事中で、当分かかりそうな状況だった。工事中の冷泉公園入口前に「阿里史冷泉區」と「個人湯屋」は開放中と地図付きの案内板がある。冷泉公園の西側に「阿里史冷泉區」という施設があり利用料大人70元だった。冷泉公園の北側には「個人湯屋」があり、1人150元だった。「個人湯屋」では浴槽の下を通したパイプから細かい泡が沸いていた。
  • momo_taozi

    横浜市, 神奈川県

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    世界でも珍しい炭酸冷泉

    4 2017-08

    温泉では無く冷泉です。炭酸の冷泉は世界でも珍しく台湾とイタリアにしか無いそうです。屋外の共同浴場はまるでプールみたいです。空いていたので個室を利用しました。冷泉の温度は22度だそうです。体感温度は想像以上に冷たいですが、思い切って肩まで入りじっと浸かると体に良さそうな気がしてきます。浴槽の外ではお湯が使えますので、交互に浸かり健康促進。お風呂上がりには昔懐かしいラムネを頂きます。夏の暑い日にぴったりの冷泉施設です。
  • Kinase

    Koto-ku, Tokyo, Japan

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    2017年7月現在 工事中

    2 2017-07

    礁渓温泉で一泊した後、ローカル電車に揺られて趣のある蘇澳駅に向かいました。 駅から歩いて数分のところに無料の施設があるとのことでしたが、訪れた2017年7月現在、冷泉公園全体の大規模改修工事が行われており、無料の施設は見当たりませんでした。 さらに奥まで10分ほど歩き有料の施設に行きましたが、あまり炭酸泉のような感じもなく清潔感も乏しかったのですぐに出てきてしまいました。 日曜日に訪れたせいか お客さんは比較的多く入っており、特に子供たちがはしゃいでいた印象です。 他に何があるわけでもない駅ですので個人的には、改修工事が終わるまでは、わざわざ出向くのはあまりお勧めできないです。

1-173 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は宜蘭県ビジネス・観光部とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

関連写真

Top