メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

国立伝統芸術センター

紹介

位於宜蘭冬山河風景區內的傳統藝術中心,在2017年新增迷霧森林、魚耀隧道等裝置藝術,是個適合闔家大小,一同享受文化之旅的景點。
 国立伝統芸術センター
走進了傳藝中心的園區,彷彿掉進了時光隧道,紅牆黑瓦的街道,融入台灣各地老街的建築風格,街道兩旁設立各種工坊、早期台灣雜貨店等特色店家,在這裡可以看見捏麵人、糖蔥、童玩、布袋戲偶……那些令人想起童年樂趣的東西。
 
逛街逛到累了,可以帶著孩子們到親子園區遊玩、放鬆休息,或是吃個台灣特色美食,補充失去的熱量,亦或是到演藝廳坐在台下欣賞戲團的表演,聽著高亢婉轉地唱調,沉浸在其中,因為那逐漸消失的藝術,是文化的傳承。
 国立伝統芸術センター
除此之外,還能夠體驗手染布、木工手作、製作油傘等等多項有趣的活動,讓人不僅有吃有玩,更希望藉由這些手作體驗、精彩表演、古早建築,來感受傳統藝術的美,讓藝術融入生活之中。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県五結郷季新村五濱路二段201号
電話
03-9508859
公式サイト
公式サイト
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
"9:00-18:00
9:00-20:00(7月、8月)"

テーマ

  • バリアフリースポット
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

サービス施設

  • アクセシビリティ
  • ケータリング
  • ショッピング
  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

4.0 509 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 4 とても悪い
  2. 17 悪い
  3. 77 普通
  4. 218 良い
  5. 193 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 216 ファミリー
  2. 90 カップル・恋人
  3. 36 一人
  4. 10 出張・ビジネス
  5. 104 友達
  • Cosmopolitan807268

    和泉市, 大阪府

    雰囲気は楽しめます

    4 2019-09

    羅東の駅からバスの本数が少ないのが難点、タクシーで20元ちょっとです。 雰囲気は楽しめますが食事をしないのであれば2~3時間見ておけば十分かな? 龍髭糖は日本で買うよりもかなりお安く買えました。
  • 193_official

    台湾

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    ゆったりとした時間

    3 2019-04

    月曜日の3時頃に行きましたが、あまり混んでいませんでした! 滞在時間は3時間あれば十分な感じです👍ただ、ここに行くまでに結構時間がかかります😓時間に余裕があるときに訪れた方が楽しめます! 芝生の広場では、ミストが噴出されていて、子供たちが裸足で遊んでいました!家族連れでも楽しめます! どちらかというと伝統を体験するというよりも、伝統工芸品を買いたいという人向けのような感じがしました😅ただ、寸劇を観たり、ろくろ回し体験などはできるようです👍
  • taro2015

    台湾

    旅行者のタイプ:

    カップル・夫婦

    ショーやパレードが楽しめる

    4 2018-12

    羅東駅東口、ちょうど出発するところのバスにドアを開けてもらって乗り込みました。 藝術中心まで30分位かかったかな。乗客ほとんど全員が藝術中心に行く人でした。 入場料は150元。園内のコインロッカーに荷物を預けて散策。13時と14時のショーとパレードがちょうど見れました。春節らしいバレードで楽しかったです。
  • ellenore711

    大阪市, 大阪府

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    まあまあ楽しかったです!

    4 2018-03

    広い敷地にお土産屋があったり、老街があったり、パフォーマンスあり、美味しいものも楽しめます! 宜蘭の温泉に行く前に立ち寄りました。
  • konijn72

    日本

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    MIT商品販売のほうが伝統芸術を伝えることよりも前面に出ている印象でした

    3 2018-05

    日曜日の台北市街は込み合うので、こちらへ遠出しました。こちらは土日のほうがイベントがあって楽しめそうだと思ったためです。台北の市政府駅からバスに乗って羅東へ、そこで9時発の好行バスに乗りました。早朝なのでバスは空いていて、9時20分までには到着しました。ノンストップだったので、距離にすればだいぶあったと思います。入場後、案内所で当日のイベントを尋ねましたが、スタッフは英語が得意ではないようでした。訪問客はほとんどが台湾の人で、日本人は見かけませんでした。イベントは笛の演奏とカーニバルでした。広い敷地に昔の建築様式の建物が並んでいますが、だいたい店舗として使われています。確かに体験コーナーがあったり、作業の実演をしていたりも少々ありましたが、伝統芸術と言っても、むしろ手工芸品を売ることが目的のお店が多い印象でした。池のまわりの公園部分や黄挙人宅は楽しめました。私が行ったのは5月初めでしたが、とても暑くて、船に乗るのは止めました。真夏だとチョット辛いと思います。

1-509 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は宜蘭県ビジネス・観光部とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

関連写真

Top