メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

蘭陽博物館

紹介

「蘭陽博物館」は大地と共生する博物館です。湿地の生態に一切の影響を及ぼさないよう、烏石港礁遺跡の西北側に建てられており、ユニークな外観は宜蘭のランドマークとなっています。

蘭陽博物館
本体建築には、北関海岸一帯に散見されるケスタ地形の形状が取り入れられ、また蘭陽平原の四季の色合いを表現するため、外壁には独特の質感を有する石材を並べて組み合わせ、ケスタ地形の岩石層を摸しています。これはヴィヴァルディの「四季」の主旋律から発想したもので、季節や天候の変化で光を受けてさまざまな色調をまといます。

「蘭陽博物館」の通路で視線を頭上にやると、博物館のロゴが見えます。これはカバラン族の伝統の木彫人形をモチーフにデザインされたもので、「人と自然の共生」、「人と歷史の連想」を表しています。常設展のテーマは建物の特色につながり、上から下へとそれぞれ山の層、平原層、海の層、時光廊が設置されています。これら展示は宜蘭の地理的環境、人文と歷史、豊富な自然の生態を表現しているのです。

蘭陽博物館
烏石港、外澳ビーチ、亀山島、頭城老街(旧市街)等、「蘭陽博物館」付近のスポットも合わせて訪れてみましょう。宜蘭の深みが感じられる休日を過ごすことができるはずです。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県頭城鎮青雲路三段750号
電話
03-9779700
公式サイト
公式サイト
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
1. 木曜日至火曜日:9:00~17:00PM(チケット販売時間:09:00-16:30)
2. 休館日:水曜日 (祝日は通常営業) 旧暦大晦日、旧暦一月一日、別に通知する休館日
料金/入場券
大人:100元,団体:80元(大人20人以上),学生:50元(生(6〜12歲の児童、学生、要学生証提示))優待:30元(学生団体、学生20人以上)

テーマ

  • 歷史と人文
  • ローカルホール
  • バリアフリースポット
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

4.5 571 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 2 とても悪い
  2. 5 悪い
  3. 71 普通
  4. 259 良い
  5. 234 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 201 ファミリー
  2. 135 カップル・恋人
  3. 41 一人
  4. 10 出張・ビジネス
  5. 121 友達
  • taro2015

    台湾

    建物が素晴らしい

    4 2019-03

    台湾の建築家姚仁喜の指揮のもと、7年かけてつくられて建物は圧巻。近代的な郷土博物館。頭城駅から歩ける距離です。
  • koso88

    京都市, 京都府

    博物館の中身より、外観

    5 2020-01

    頭城駅から歩いて行ける。博物館の中身より、外観目当てで行った。国道から裏手に回ると、駐車場の先に展望台と池があり、そこから撮影する人が多い。ただ、展望台の先の池沿いの方が見晴らしがいいと思う。
  • dodome48

    Tokyo

    建築

    4 2019-11

    建築目当てで行きました。石が上手く使われていました。博物館自体は、いろいろ工夫されて展示されていて、感心しました。博物館内に以前あったレストランの類は今はクローズしています。
  • sg m

    Tokyo, Japan

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    宜蘭観光なら是非訪れたい場所です

    5 2019-03

    斜めになっている博物館のデザインが特徴的なのですが、これは宜蘭に降る雨を表現しているのだと知り、とても感心しました。宜蘭の歴史を紹介する博物館ですが、4階から下に下るにつれて、山、里、海のように展示がなっているのも面白かったです。宜蘭観光にくるなら是非。 バスでアクセス可能ですが、本数が少ないので、時間確認を。頭城駅からは徒歩20分位かかるので、暑い日はタクシーがおすすめです。
  • Companion680761

    旅行者のタイプ:

    家族

    台湾を紹介する博物館

    4 2018-12

    建築も素敵です。エスカレーターで四階まで上がり、そこから下の方に降りていきます。台湾の原始時代から原住民の生活、稲作の開始、漁業の発達など大きなな文明の流れがわかりました。

1-571 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は宜蘭県ビジネス・観光部とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

関連写真

Top