メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

太平山国家森林遊楽区

紹介

太平山一帯には南湖大山山系、三星山山系、大霸尖山支脈を含みます。この辺りはベニヒノキ、タイワンヒノキの産地として知られ、往時は阿里山、八仙山と並ぶ台湾三大林場の一つに数えられていました。年平均気温は13度。太平山はいつでも霧に包まれています。森林は樹の種類が多く、四季の変化につれてさまざまな顔を見せてくれ、この世の仙境との美称があるのもうなずけます。

太平山国家森林遊楽区
「太平山国家森林遊楽区」の敷地には、仁沢、蘭台、白嶺、太平山、翠峰湖、三畳瀑布等スポットが含まれ、鳩の沢温泉、森林浴遊歩道、地熱ゆで卵区等の観光施設も設置されています。区内には原始林が残され、また当時林業に用いられた索道、山地鉄道線路、小型列車等も残り、レトロな雰囲気が感じられます。

太平山ではトロッコ列車に乗り、フィトンチッドを胸いっぱいに吸い込み、森林浴。
霧に煙る翠峰湖を散策し、または早朝、太平山の雲海と日の出を静かに眺めましょう。山の生態と気候の変化に魅了されるでしょう。

太平山国家森林遊楽区
秋から冬にかけては、山上のカエデが山を真っ赤に染め、訪れる行楽客が盛んにシャッターを切っています。山桜、梅、太平山白桜等も季節の移ろいに従い次々に可憐な姿を見せてくれ、「太平山国家森林遊楽区」の四季折々の風貌は人を惹きつけてやみません。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県大同郷太平村太平巷58-1号
電話
03-9809806
公式サイト
公式サイト
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
"平日06:00~20:00
休日、國定例休日04:00~20:00
暑假期間(7~8月)03:30~20:00"

テーマ

  • 風景区
  • 自然と生態
  • お勧め観光スポット
  • 穴場スポット

サービス施設

  • ケータリング
  • 公共のトイレが
  • 駐車場

交通情報

関連写真

Top