メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

湯囲溝公園

紹介

宜蘭県政府は湯囲溝の新たな風貌を作り健康レジャーを提唱するために、民国91年(2002年)より四段階に分けて湯囲溝公園の改築を始め、民国94年(2006年)12月17日に正式に公開しました。
当公園は約1ヘクタールの広さがあり、景観デザインを日本業者に依頼して和風の庭園設計を取り組みました。改築後は水及び緑の調和した空間を演出し、地元の住民の交流場所となる足湯が数箇所設けられ、昔ながらの温泉気分を思い起こさせるとともに、男女別ヒノキ風呂をわずか80台湾ドルでゆっくり楽しむことができます。

観光スポット情報

住所
台湾宜蘭県礁渓郷德陽路99-11号
電話
03-9874882
営業時間
8:00~12:30、13:00~17:00、17:30~24:00
料金/入場券
無料

テーマ

  • 風景区

サービス施設

  • ショッピング
  • 公共のトイレが

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

4.0 223 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 1 とても悪い
  2. 5 悪い
  3. 53 普通
  4. 99 良い
  5. 65 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 65 ファミリー
  2. 57 カップル・恋人
  3. 27 一人
  4. 2 出張・ビジネス
  5. 40 友達
  • taro2015

    台湾

    足湯がある公園

    4 2019-03

    細長い公園で足湯やベンチがたくさんあるのでのんびりくつろげます。有料のドクターフィッシュが結構人気。私達は奥の方にある日本式の裸湯(80元)に入りました。すいていてゆっくり入ることが出来て良かったです。
  • koso88

    京都市, 京都府

    金魚

    4 2020-01

    金魚の池に足を突っ込むお店がいくつかある。終わった後にここで足を洗い温める。浴槽がいくつかあって、温度がそれぞれ違う。足を拭くペーパータオルみたいなものをお店でもらえる。
  • oranger03

    堺市, 大阪府

    昭和歌謡が流れる裸湯

    5 2019-12

    フィッシュセラピーの足湯の店が並ぶ温泉公園の奥に湯圍風呂と言う日帰り温泉施設があり、そのうち「温泉裸湯」と称するものがある。チケットを買うと扉が開くまで待て、と言われた。貸切風呂?かと思うと待ってた客があれこれ教えてくれる。浴室内は撮影禁止だと何人からも言われる。裸湯は13時からだと苦労して伝えてくれてなぜ待ったされたのかわかった。中はしっかりした柱組の天井の高いお風呂で、やっぱり裸で入ると気持ちがいい。見ていると、かかり湯だけでなく入浴前に誰もが丹念に体を洗って入ってくる。台湾の人は綺麗好きというか、マナーが徹底しているのに驚いた。館内はずっと日本の昭和歌謡曲が流れている日本式のお風呂である。
  • nobuchan1960

    日本式の温泉浴場

    5 2019-10

    夕方5時頃に利用しました。ここの浴室は男女別に分かれて裸で入浴する日本式です。天井が高く浴室・浴槽ともに木でできておりぬくもりが感じられます。場内には日本の演歌が流れており、あまり異国情緒は感じられませんでしたが、浴室はゆったりしており落ち着いて入浴できました。
  • dodome48

    Tokyo

    足湯

    4 2019-11

    露店や足湯など、老若男女楽しめます。休日だったからか、早朝から夜まで結構人がいました。台湾、を感じられて良いところでした。

1-223 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は宜蘭県ビジネス・観光部とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

関連写真

Top